イメージ 1

静岡大学の『共生社会のとピアサポート』(2018/12/10)
の授業の一環として講演の機会をいただき、PrismStationを代表して、
スタッフのはらちゃんが、当事者の体験談の講演を行なってきました


はらちゃんより↓
12月10日、静岡大学の『共生社会のとピアサポート』の授業の中で、
発達障害の当事者としてお話しをさせて頂きました。

障害のある学生を支援する「ピアサポーター」を要請するための授業だったので、
・発達障害とは
・マイストーリー
・学生の頃や社会人になってからの困りごとと対処法
・「こんな支援があったらいいな」と思うこと
・発達障害当事者や支援者に望むこと
について、お話しさせていただきました。

当事者には、支えてくれた人への感謝や自分を客観的に捉え、相手に伝える努力を怠らないこと
支援者には、発達障害当事者へのサポートは根気がいりますが、当事者と一緒に解決に取り組むことで、想像以上の才能を発揮する可能性があること
をお伝えさせて頂きました。

授業終了後には、複数名の学生さんから質問も受け、発達障害への関心の高さを感じました。
このような貴重な機会を設けて頂き、本当に感謝しております。
今後もこういった機会がありましたら、積極的にお話しさせていただければと思っています!

イメージ 2