カテゴリ: お知らせ

運営サポート.001

PSの運営を一緒にサポートしてくれる方を募集します。
内容は…会の準備、片付け、テーマ決め、企画、話し合いなど、運営に関わることの全般です。

PSに参加してくださった方なら、 どなたでも名乗り上げてくださって大丈夫なのですが、
話し合いを重ねて行きたいと思っていますので、

『月に2回程運営の話し合いに参加出来る方』
(・2回のうち1回はPS開催日…PSの前か後 →話し合いの場所は静岡市)
を主に対象としています。

ご希望の方は、 PSのLINEかメールでその旨をお知らせください。
お待ちしています(^^)
締切…3月25日(金)21時まで  

※3月中に希望者を募り、 4月から運営のための話し合いをスタートさせて行く予定です。よろしくお願いいたします。

代表甲斐 挨拶.001 2

〔代表 甲斐より〕
PrismStation代表の甲斐です。  
長年、PrismStation代表として活動させて頂きましたが、この度、辞任させて頂くことになりました。  

約6年前、PrismStationの立ち上げ時から、「自分と同じ様に発達障害で苦しむ人を減らす」「発達障害当事者が生きやすい社会を創る」という思いで活動してきました。  

通常のテーマトークに加え、講座の開催、イベント、発達障害当事者家族の会との交流、中学校などへ講演活動もさせて頂きました。  
昨年は、一人芝居「わたし」も共催させて頂き、どの活動もとても充実したやり甲斐のある活動でした。

様々な事情があり、本職である福祉用具の仕事に多くの時間を割かなければいけない状況になったことと、昨年、私自身の多くの親しい人が他界したことで、改めて人生は有限であるという当然のことに気づくことになりました。  
僅かな休日をもう少し自分の為、家族や友人と過ごす時間に当てたいという心境の変化が私自身に起きたのを機にPrismStation代表としての役割を終え、これからは一参加者としてPrismStationを外側から支えていこうと決意しました。

今までの様にPrismStationに参加する機会は減ることとなりますが、「自分と同じ様に発達障害で苦しむ人を減らす」「発達障害当事者が生きやすい社会を創る」という思いは6年前から変わっておりません。少しお休みした後、カウンセリング等の個人的な活動は再開させて頂きます。  

今まで、多くの方々に支えられて、ここまで続けることができました。深く感謝申し上げます。  
多くの時間と労力を割いて、一緒にPrismStationの活動を盛り上げてくれたスタッフには、最大級の感謝を申し上げます。  
ありがとうございました。  

PrismStation 甲斐


〔マドレーヌより〕
次の代表を務めさせていただくことになりましたマドレーヌです。  

甲斐さんの挨拶を読んで、皆様がいろいろな思いを抱かれたとは思うのですが、
「PrismStationってどうなっちゃうのかしら?」と、頭をかすめた方がいらっしゃるかと思うので、そんな方の為にも少しだけ追記をさせてください。  

団体の活動は続けて行きます。そこはご安心ください。
追加では、今後のPrismStationの運営方法を少し変えて行きたいなと考えています。
運営に関わる方の人数を増やしていきたい気持ちがあります。  

お休みをいただいている2月の間に、
今まで一緒にサポートしてくれていた、サポートスタッフ・スタッフと共に振り返りをしたのちに、
新たに協力していただける方を募って行こうと思っています。
(またブログやLINEでお知らせしますね)  

現代表が代表を降りることは残念ですが、
この時期にもう一度、団体の在り方などを話し合って、団体としての再スタートを切れたらいいなと思います。
皆様のお力をお貸しください。ご意見などもお聞かせください。
よろしくお願いいたします(^^)  

また、今まで関わってくださった皆様(ご家族、支援者、その他の方々)
今後ともどうぞPrismStationをよろしくお願いいたします。

マドレーヌ

お知らせ.001

お世話になっています(^^)

この、コロナ第6波の状況下、
静岡県でも先日「まん延防止等重点措置」の申請が出され→適用されると思います。

そんな状況ですので、
PrismStationの2月の開催はお休みさせていただこうと思います。
よろしく願いいたします。

次回開催までお待ちください〜(@@)♪ 

映画『だってしょうがないじゃない』上映とトークイベントのお知らせ
 ※変更あり…静岡市はオンラインイベントに変更、浜松市は1月8日(土)開催に変更(9/18追記)
※10/2(土)PrismStation代表甲斐がオンライントークイベントに出演します
「だってしょうがないじゃない」「わたし」静岡_ページ_1

 『だってしょうがないじゃない』 公式サイト 
https://www.datte-movie.com/

映画あらすじ:精神に不調をきたした映画監督/坪田義史が 発達障害を持ちながら一人暮らしをする親類の叔父(まことさん)がいることを知る。坪田は衝動的にカメラを持ってまことさんに会いにいく。坪田はまことさんとの交流を深めていく中で「親亡き後の障害者の自立の困難さ」や 「障害者の自己決定や意思決定の尊重」「8050問題にともなう住居課題」などの問題に直面していく。 


◉10/2(土) 静岡市
オンライン上映&オンライントークイベントに変更になりました(9/18追記)
【日時】
映画配信 2021年9月30日~10月2日
(お申し込みの方に9月29日にパスワード付きURLをメール送信します)
オンライントークイベント 2021年10月2日(土)19:30-20:30+α(19:20開場)
(10月1日にZOOMのURLをメール送信します。トークイベントはネタバレあり、イベントまでの映画視聴を強くお勧めします)
 
【方法】映画視聴はインターネットのvimeoで、トークイベントはZOOMで
【参加費】無料(静岡県在住・在勤・在学の方に限らせていただきます)
【申込】9/29締切
 
申し込みは↓こちらから 下記のQRコードもご使用ください
https://kokucheese.com/event/index/615417/


出演:坪田義史(本作品監督)  橋本祐実(司法書士)  市村孔元(東遠地区生活支援センター) 甲斐(プリズムステーション)  白井千晶(静岡大学)

主催:障害がある人の暮らしを考えるイベント実行委員会
共催:Safety First静岡 静岡県司法書士会 静岡大学人文社会科学部白井千晶研究室
協賛:社会福祉法人駿河会 星の木
静岡県合理的配慮理解促進助成、静岡大学人文社会科学部学部長裁量経費の助成を受けて開催しています。静岡県個人の方からも寄付をお受けしております。
企画運営・問い合わせ:白井千晶(静岡大学)shirai.chiaki@shizuoka.ac.jp 

※一席確保していますので、
欠席の場合は必ずご自身でこくちーずからキャンセル手続きをおこなってください
※トークイベントは記録のため主催者が録画・録音・撮影します。参加者の録音・録画・撮影はお控え下さい。
映画 改訂.001


◉1/8(土)浜松市
2022年1月8日(土)開催に変更になりました(9/18追記)

【日時】2022年1月8日(土)11:00-14:30(10:45開場)
【場所】クリエート浜松 ホール  (浜松市中区早馬町2-1)
【参加費】無料 ※感染症対策のため事前に申し込みがない方は参加できません
【申込】先着100人程度 ※1/6締切

申し込みは↓こちらから 
下記のQRコードもご使用ください
https://kokucheese.com/event/index/615419/

出演:坪田義史(本作品監督) 久保田翠(クリエイティブサポートレッツ理事長)  津田明雄(静岡県自閉症協会会長)  酒井俊季(司法書士)  関根淳子(SPAC/音乃屋) 白井千晶(静岡大学)  

主催:障害がある人の暮らしを考えるイベント実行委員会  
共催:Safety First静岡 静岡県司法書士会 静岡大学人文社会科学部白井千晶研究室  
協賛:社会福祉法人駿河会 星の木  
静岡県合理的配慮理解促進助成、静岡大学人文社会科学部学部長裁量経費の助成を受けて開催してい
ます。静岡県個人の方からも寄付をお受けしております。  
企画運営・問い合わせ:白井千晶(静岡大学)shirai.chiaki@shizuoka.ac.jp 
 
※一席確保していますので、欠席の場合は必ずご自身でこくちーずからキャンセル手続きをおこなってください
※トークイベントは記録のため主催者が録画・録音・撮影します。参加者の録音・録画・撮影はお控え下さい。

映画 改訂.002

協力.001

※達成おめでとうございます!(4/27)
〜PrismStation代表 甲斐より〜

いつも、PrismStationにお越し頂きアドバイスを頂いておりますかざまなほこさんが、
静岡で発達障害者と共に運営する女性高齢者専門のデイサービスを立ち上げる為に、クラウドファンディングに挑戦します。  

昨年、かざまさんから、今回のデイサービス立ち上げのお話を伺い、とても感動し嬉しく思いました。

かざまさんの様な方が増え、発達障害者の雇用ができれば、発達障害者は、生きやすくなり、どんどん良い世の中になっていきます。
もちろん、甲斐も協力させて頂きます。是非、皆様もご協力お願い致します。


〜かざまさんより〜
デイサービスの業務を通して、 役割分担、良好な人間関係、仕事のやりがいと、段階を踏んで、高齢者の反応から仕事に自信をつけて頂きたいと願っています。
まずこのプロジェクトを成功さないと、始まらないので、皆さんの拡散をお願い致します。  

詳細は、以下をご覧ください↓

「静岡で発達障害者と運営する女性高齢者デイサービスを始めたい!」
https://readyfor.jp/projects/w-peace


(かざまさんプロフィール)
6歳の頃から「母一人・子一人」厳格な母でしたが、自由に大胆に天真爛漫に育ててもらいました。
高校生の頃からアルバイトをしながら看護学校を卒業。  
1992年から総合病院に22年間勤務しました。
2013年12月、総合病院退職。訪問看護師などを経て、個人事業主として独立しました。  
大切にしたいことは、『Give & Give』他者へのGiveは世の中を変えると信じています。
=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=    
合同会社ダブルピース代表  人材育成コンサルティング、コーチングサービス、看護師、発達障害当事者サポーター  
【看護師経歴】:総合病院管理職・看護専門学校講師・訪問看護師・介護初任者研修講師・介護福祉士実務者研修医療的ケア教員・介護系専門学校就職支援教員   

↑このページのトップヘ