カテゴリ: お知らせ

映画『だってしょうがないじゃない』上映とトークイベントのお知らせ
 ※変更あり…静岡市はオンラインイベントに変更、浜松市は1月8日(土)開催に変更(9/18追記)
※10/2(土)PrismStation代表甲斐がオンライントークイベントに出演します
「だってしょうがないじゃない」「わたし」静岡_ページ_1

 『だってしょうがないじゃない』 公式サイト 
https://www.datte-movie.com/

映画あらすじ:精神に不調をきたした映画監督/坪田義史が 発達障害を持ちながら一人暮らしをする親類の叔父(まことさん)がいることを知る。坪田は衝動的にカメラを持ってまことさんに会いにいく。坪田はまことさんとの交流を深めていく中で「親亡き後の障害者の自立の困難さ」や 「障害者の自己決定や意思決定の尊重」「8050問題にともなう住居課題」などの問題に直面していく。 


◉10/2(土) 静岡市
オンライン上映&オンライントークイベントに変更になりました(9/18追記)
【日時】
映画配信 2021年9月30日~10月2日
(お申し込みの方に9月29日にパスワード付きURLをメール送信します)
オンライントークイベント 2021年10月2日(土)19:30-20:30+α(19:20開場)
(10月1日にZOOMのURLをメール送信します。トークイベントはネタバレあり、イベントまでの映画視聴を強くお勧めします)
 
【方法】映画視聴はインターネットのvimeoで、トークイベントはZOOMで
【参加費】無料(静岡県在住・在勤・在学の方に限らせていただきます)
【申込】9/29締切
 
申し込みは↓こちらから 下記のQRコードもご使用ください
https://kokucheese.com/event/index/615417/


出演:坪田義史(本作品監督)  橋本祐実(司法書士)  市村孔元(東遠地区生活支援センター) 甲斐(プリズムステーション)  白井千晶(静岡大学)

主催:障害がある人の暮らしを考えるイベント実行委員会
共催:Safety First静岡 静岡県司法書士会 静岡大学人文社会科学部白井千晶研究室
協賛:社会福祉法人駿河会 星の木
静岡県合理的配慮理解促進助成、静岡大学人文社会科学部学部長裁量経費の助成を受けて開催しています。静岡県個人の方からも寄付をお受けしております。
企画運営・問い合わせ:白井千晶(静岡大学)shirai.chiaki@shizuoka.ac.jp 

※一席確保していますので、
欠席の場合は必ずご自身でこくちーずからキャンセル手続きをおこなってください
※トークイベントは記録のため主催者が録画・録音・撮影します。参加者の録音・録画・撮影はお控え下さい。
映画 改訂.001


◉1/8(土)浜松市
2022年1月8日(土)開催に変更になりました(9/18追記)

【日時】2022年1月8日(土)11:00-14:30(10:45開場)
【場所】クリエート浜松 ホール  (浜松市中区早馬町2-1)
【参加費】無料 ※感染症対策のため事前に申し込みがない方は参加できません
【申込】先着100人程度 ※1/6締切

申し込みは↓こちらから 
下記のQRコードもご使用ください
https://kokucheese.com/event/index/615419/

出演:坪田義史(本作品監督) 久保田翠(クリエイティブサポートレッツ理事長)  津田明雄(静岡県自閉症協会会長)  酒井俊季(司法書士)  関根淳子(SPAC/音乃屋) 白井千晶(静岡大学)  

主催:障害がある人の暮らしを考えるイベント実行委員会  
共催:Safety First静岡 静岡県司法書士会 静岡大学人文社会科学部白井千晶研究室  
協賛:社会福祉法人駿河会 星の木  
静岡県合理的配慮理解促進助成、静岡大学人文社会科学部学部長裁量経費の助成を受けて開催してい
ます。静岡県個人の方からも寄付をお受けしております。  
企画運営・問い合わせ:白井千晶(静岡大学)shirai.chiaki@shizuoka.ac.jp 
 
※一席確保していますので、欠席の場合は必ずご自身でこくちーずからキャンセル手続きをおこなってください
※トークイベントは記録のため主催者が録画・録音・撮影します。参加者の録音・録画・撮影はお控え下さい。

映画 改訂.002

PSお知らせ

蒸し暑い日が続きますね♪
8月のPSは開催出来なくて残念でした〜(;;)


次回9月のPS開催の詳細については、 決まり次第、ブログやTwitterやLineでお知らせしますね⭐︎

皆様、お体に気をつけて日々をお過ごしください(^^)

協力.001

※達成おめでとうございます!(4/27)
〜PrismStation代表 甲斐より〜

いつも、PrismStationにお越し頂きアドバイスを頂いておりますかざまなほこさんが、
静岡で発達障害者と共に運営する女性高齢者専門のデイサービスを立ち上げる為に、クラウドファンディングに挑戦します。  

昨年、かざまさんから、今回のデイサービス立ち上げのお話を伺い、とても感動し嬉しく思いました。

かざまさんの様な方が増え、発達障害者の雇用ができれば、発達障害者は、生きやすくなり、どんどん良い世の中になっていきます。
もちろん、甲斐も協力させて頂きます。是非、皆様もご協力お願い致します。


〜かざまさんより〜
デイサービスの業務を通して、 役割分担、良好な人間関係、仕事のやりがいと、段階を踏んで、高齢者の反応から仕事に自信をつけて頂きたいと願っています。
まずこのプロジェクトを成功さないと、始まらないので、皆さんの拡散をお願い致します。  

詳細は、以下をご覧ください↓

「静岡で発達障害者と運営する女性高齢者デイサービスを始めたい!」
https://readyfor.jp/projects/w-peace


(かざまさんプロフィール)
6歳の頃から「母一人・子一人」厳格な母でしたが、自由に大胆に天真爛漫に育ててもらいました。
高校生の頃からアルバイトをしながら看護学校を卒業。  
1992年から総合病院に22年間勤務しました。
2013年12月、総合病院退職。訪問看護師などを経て、個人事業主として独立しました。  
大切にしたいことは、『Give & Give』他者へのGiveは世の中を変えると信じています。
=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=    
合同会社ダブルピース代表  人材育成コンサルティング、コーチングサービス、看護師、発達障害当事者サポーター  
【看護師経歴】:総合病院管理職・看護専門学校講師・訪問看護師・介護初任者研修講師・介護福祉士実務者研修医療的ケア教員・介護系専門学校就職支援教員   

代表の想い.008

(先日のスタッフ会議の際に、代表から『PrismStationへの想い』の発表がありましたので、PSブログにも発表録をシェアします♪)

第一回PSサポスタミーティング 2(ドラッグされました)

①32歳の時に(約10年前)、友人から発達障害を指摘されて発達障害のことを知りました。
それで、今まで悩んできたことや上手くいかなかったことが、発達障害ゆえにだったんだと分かったんですね。

病院で診断されても、どうすればいいのか?って全然わからなかったです。
病院に行って治るわけでもないし、成人後の当事者のサポート機関もあまりないですしね。

当時、発達障害ってまだまだ知られてないし、当事者も自覚が無い人が多かったです。
周囲の人も、どんな風に接したらいいのか?と、困ってる状態でした。

第一回PSサポスタミーティング 2(ドラッグされました) 2

②そんな時に、こんな事件があったんですね。
重い話で申し訳ないですが…自分の友人が、自分で命を絶ってしまったんですね。
(後々分かったことなんですが、その友人は発達障害でした。) 

その話を聞いて、静岡から神戸まで駆けつけたら、全然人が来ていないんです。
家族・親族もほんの少ししか来ていない…。
葬儀の際、通常は棺桶を持つのは、家族・親族や親しかった友人だと思うんですが、
(そこまで深い仲とは言えなかった)自分が棺桶を持ち、霊柩車に乗せました。
それくらい人間関係が無い人だったんですね。

友人は、2週間前に自分と静岡のファミレスで会って話をしていたのに、その友人が棺桶の中にいる…。
衝撃を受け、忘れられない出来事となりました。
『発達障害当事者って…周囲に知られることもなく、サポートをされることもなく、苦しんだ状態でこの世から消えていく現実があるのか! 』と思いました。

第一回PSサポスタミーティング 2(ドラッグされました) 3

③この出来事をきっかけに「自分も何か出来ることをしよう!」と強く思ったんですね。
(その後、障害者施設につとめたり、カウンセリング資格を取ったりすることにも繋がって行きます。)

それで、発達障害当事者会をやろう!と思ったんです。
↓〜主に以下の2つを目標に〜
・発達障害で苦しむ人達を減らしたい
・長所を活かして快適に過ごす人達を増やしたい

最近は、発達障害が関連した事件がニュースになったりしますが、
ふと「当事者や周辺の方が、当事者会に来ていたら、何か違ったのではないか…?」と思うことがあります。
悲しい事件を防ぐ為にも、当事者会の役割があるのかなぁ?とも考えています。

このような想いを持って、活動しています。よろしくお願い致します。

PrismStation代表 甲斐

LINE.002

LINEでの「参加申し込み」の受付も始めます♪

※その際も、メール受付の時と同じように、
下記の①②③④は、必ず書いてくださいね(^^)
① ハンドルネーム
②「PrismStation」の会則 (http://prismstation.livedoor.blog/archives/cat_12848.html)を読み、 [同意する]または[同意しない]  
③(その月のテーマについてのこと)
④他の参加者に聞いてみたいこと・悩んでいること

(メールでも、引き続き申し込み受付はおこなっています)

PrismStation LINE 登録
http://prismstation.livedoor.blog/archives/677947.html

 
メッセージの送り方
メッセージ入力欄をタップする
IMG_0327

メッセージ入力する・送信する
IMG_0328

〜よろしくお願いします〜 

↑このページのトップヘ